mjpeg-streamerのインストール&設定

mjpg-streamerはラズパイでカメラの映像をストリーミング配信するためのソフトウェアです。インストールと設定手順を紹介します。

手順は以下

  1. mjpg-streamerのインストール
  2. 起動用スクリプトの作成
  3. 自動起動の設定
  4. 起動確認

1.mjpg-streamerのインストール

以下のコマンドでインストールします。

$ sudo apt update
$ sudo apt install git cmake libjpeg8-dev
$ git clone https://github.com/jacksonliam/mjpg-streamer.git
$ cd mjpg-streamer/mjpg-streamer-experimental
$ make
$ sudo make install

2.起動用スクリプトの作成

起動用のスクリプト(start.sh)を作成します。

start.shの中身

## This example shows how to invoke mjpg-streamer from the command line

#インストール先のパスを設定
export LD_LIBRARY_PATH="/home/pi/mjpg-streamer/mjpg-streamer-experimental"
STREAMER="$LD_LIBRARY_PATH/mjpg_streamer"

# 表示する画像サイズとフレームレートを設定
# 画像サイズ(320×240)
# フレームレート:10fps
XRES="320"
YRES="240"
FPS="10"

# Webサーバーの設定
WWWDOC="$LD_LIBRARY_PATH/www"
PORT="8080"

# 起動用のコマンド
#for USB Camera
$STREAMER -i "input_uvc.so -y -n -f 10 -r 320x240 -d /dev/video0" \
          -o "output_http.so -w $WWWDOC“

#for Raspberry Pi Camera Module
#$STREAMER -i "input_raspicam.so -x $XRES -y $YRES -fps $FPS" \
#          -o "output_http.so -w $WWWDOC"

3.自動起動の設定

/etc/rc.locaをエディタで開き、「exit 0」の手前に実行コマンドを追加します。

# Print the IP address
_IP=$(hostname -I) || true
if [ "$_IP" ]; then
  printf "My IP address is %s\n" "$_IP"
fi

#mjpeg-streamerの実行コマンド
sudo sh /home/xxx/mjpg-streamer/mjpg-streamer-experimental/start.sh &

exit 0
~

追記が終わったら、再起動します。

$sudo reboot

4.起動確認

起動後に、http://[サーバーのIPアドレス]:8080にアクセスして映像が表示されればOKです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA