ルータのポート開放設定

外部ネットワークにサーバーを公開するには、ルータの設定を変更する必要があります。通常ルータでは、LAN内から出たパケットの情報を元にテーブルを設定します。返信パケットは、その設定した情報を元にLAN内に転送しています。LAN内から通信を開始する場合は、ルータが頑張ってくれているのでわざわざ手動でテーブルを設定する必要がありません。しかし、外部ネットワークに公開しているWWWサーバーなどは、相手から来るパケットを待ち受ける必要があります。インターネット側から、ルータのグローバルIPアドレスにきたポート番号:80のパケットをWWWサーバーに転送することを事前に教えてあげないといけませんね。

ここでは、WWWサーバを公開する場合のルータの設定手順を紹介します。

ルータの管理画面で、ポートマッピング設定もしくはIPフィルタやNATテーブル設定などの項目があるはずです。我が家のルータは、「ポートフォワーディング」という設定項目でした。

WWWなので、HTTP:TCP80とSSL:TCP 443のポート番号とIPアドレスを紐づける設定をします。

実際のルータ設定画面は以下です。

WAN側アドレス:ルータの外部アドレス, LAN側アドレス:LAN内のウェブサーバーアドレス

インターネット側から、ルータのグローバルIPアドレスにきたポート番号:80と443のパケットをWWWサーバーに転送することが可能になります。

代表的なサービスのプロトコルとポート番号です。WWW以外も同様にポート番号と転送先IPアドレスを登録すれば転送できます。セキュリティを考慮して、必要なポートのみ設定しましょう。ポートが開いているということは、あなたのマシンが外部(インターネット)から見えていることになります。

サービス名ポート番号
httpサーバー(HTTP)TCP 80
httpサーバー(SSL)TCP 443
メールサーバー(POP3)TCP 110
メールサーバー(IMAP)TCP 143
メールサーバー(SMTP)TCP 25
FTPTCP 20, 21
SSH、SFTPTCP 22

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA