WebIOPiのインストール&設定

WebIOPiとは、Webブラウザから Raspberry Pi のGPIO端子をリモート操作するためのソフトウェアです。GPIOに各種センサを取り付けて情報を表示したり、モータなどを動かしたりすることが可能になります。

手順は以下です。
※インストール時点での最新版は、「 WebIOPi-0.7.1.tar.gz 」でした。

  1. WebIOPiのダウンロード&展開
  2. WebIOPiの起動設定&確認
  3. WebIOPiの自動起動

1.WebIOPiのダウンロード

URL「http://webiopi.trouch.com」にアクセスして、ページ上部メニューの「Download」と
書かれたリンクにアクセスして、WebIOPiをダウンロードします。

Downloadをクリック
最新版のWebIOPiをダウンロード

ダウンロードしたファイルを展開して、展開先フォルダに移動します。WebIOPiをRaspberry Pi2,Pi3に対応するための修正ファイルをダウンロードして、修正ファイルを適用します。
最後にインストールを行います。

コマンドは以下です。

$ tar zxf WebIOPi-0.7.1.tar.gz
$ cd WebIOPi-0.7.1/
$ wget https://raw.githubusercontent.com/doublebind/raspi/master/webiopi-pi2bplus.patch
$ patch -p1 -i webiopi-pi2bplus.patch
$ sudo ./setup.sh

インストール途中で、以下の質問が現れます。インターネットからラズパイにアクセスするか?といった内容の質問です。外部からのアクセスを行わない場合は「n」と入力して進めば完了です。

Do you want to access WebIOPi over Internet ?[y/n]

2.WebIOPiの起動設定&確認

WebIOPiを起動するために必要なファイルをダウンロードして移動します。

$wget https://raw.githubusercontent.com/neuralassembly/raspi/master/webiopi.service
$ sudo mv webiopi.service /etc/systemd/system/

サービスを起動します。

$sudo service webiopi start

サービスを停止する場合は以下です。

$sudo service webiopi stop

サービスを起動させて動作しているかを確認します。

$ ps ax | grep webiopi

↓以下の表示がでれば問題なく起動しています。
1184 ?        Ssl    0:05 /usr/bin/python3 -m webiopi -l /var/log/webiopi -c /etc/webiopi/config

起動後に、http://[サーバーのIPアドレス]:8000にアクセスします。

※アクセス時のユーザー名とパスワードは以下です。
 ユーザー名:webiopi
 パスワード:raspberry

GPIO_Headerをクリックすると、GPIO端子の状態が表示されます。

3.WebIOPiの自動起動

以下コマンドで、WebIOPiの自動起動を有効にします。

$ sudo systemctl enable webiopi
$ sudo reboot

再起動して、http://[サーバーのIPアドレス]:8000にアクセスできればOKです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA