ラズパイでNASをマウント

ラズパイに自宅環境のNASを接続すると何かと便利です。

簡単に接続できるので設定手順を紹介します。

  1. CIFS(Common Internet File System)のインストール
  2. マウント先ディレクトリを作成
  3. マウント確認
  4. 自動マウント設定
  5. 起動設定

1.CIFS(Common Internet File System)のインストール

CIFSはデフォルトでインストールされていると思います。

インストールされていない場合は、以下コマンドでインストールできます。

$ sudo apt-get install cifs-utils

2.マウント先ディレクトリを作成

マウント先のディレクトを作成して、パーミッションを設定します。
(例)マウント先「/mnt/nas」の場合

$ sudo mkdir /mnt/nas
$ chmod 777 /mnt/nas

3.マウント確認

以下コマンドでマウントします。
※環境に合わせてサーバーのIPアドレスとアクセス可能なユーザ、パスワードを設定
 「vers=1.0」は環境に合わせて設定してください。

$ sudo mount –t cifs //192.168.x.xx/share /mnt/nas –o vers=1.0,username=xxx,password=xxx,iocharset=utf8

マウントされいていることを確認します。
正しくマウントされていれば、マウント先が表示されるはずです。

 $ df –h 

↓正しくマウントされていればマウント先が表示されます。
 ・・・・
 //192.168.x.xx/share  1.9T  1.8T  57G  97%  /mnt/nas 
 ・・・・

4.自動マウント設定

 /etc/fstab  に設定を追加します。

 $ sudo vi /etc/fstab

 /etc/fstab  に以下の行を追加
 //192.168.x.xx/share /mnt/nas cifs vers=1.0,username=xxx,password=xxx,file_mode=0777,dir_mode=0777,iocharset=utf8,defaults 0 0  

5.起動設定

最後にネットワーク設定を確立してからマウントするように設定します。

 $ sudo raspi-config 

「1.System Options」を選択

「S6 Network at boot」を選択

セットワーク設定を確立するまで起動を待つか?と聞かれるので

「はい」を選択します。

以上で設定は完了です。

再起動して正しくマウントされていることを確認してください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA