ラズパイケース「SmartiPi Touch 2」を購入

「SmartiPi Touch 2」とは、Raspberry Pi用 7インチ タッチスクリーン付き液晶ディスプレイとラズパイを組み込めるケースです。カメラモジュールも組み込めるので、持ち運びも便利です。タッチパネルモニタなので、これ1台で顔認証の写真撮影などを行うことも可能です。※ケースにはタッチパネルモニタはついていなのでご注意ください。

今回は楽天ポイントが溜まっていたので、ポイントを使って購入しました。

楽天での価格は3480円(送料無料)でした。ちなみに、Amazonだと3280円で購入できます。
今回は、Amazonのポイントがなかったので、楽天を選択しました。

さっそく届いた箱を開けてみました。

内容物は以下です。

  • リボンケーブル×2本(LCDタッチパネル用(短い方)とカメラモジュール用(長い方))
  • USB分岐ケーブル×2本(Raspi4@Type-CとRaspi3,2@マイクロUSB)
  • ディスプレイハウジング
  • スタンド
  • フロントパネルオブション×3種
  • ファン付き、ファンなしの蓋
  • マウントとネジ各種

今回は、このケースにラズパイ4を組み込みました。ラズパイ4用にUSB Type-Cスプリッターが付いているので電源も1つでいけそうです。

さっそく組み立ててみます。

まず、タッチパネルモニタにリボンケーブルを接続します。長い方がカメラモジュール用で、短い方がディスプレイ用です。カメラモジュール用のケーブルは基板の下を通すので、カメラモジュールを接続する前に通しておいた方がやりやすいと思います。ケーブルの向き(裏表)も間違いないように。

ケーブルの接続が完了したら、ディスプレイハウジングに組み込みます。中央の穴にケーブルを、左側の穴からカメラモジュールを通します。

裏からみるとこんな感じです。

ケーブルを通したら、ラズパイ本体を組み込んで、カメラ用のケーブルとディスプレイ用のケーブルを接続します。ディスプレイケーブルはちょっと折り曲げる感じになります。

今回は、ラズパイ4を組み込むので、ファン付きの蓋を選択しました。ラズパイに吹き付ける向きの方が冷却には良さそうなのでシールがある方を下向きにしました。

ファンの電源はGPIO端子の3.3V or 5V接続します。(3.3V:低速、5V:高速)
今回は、5Vに接続しました。

前から見るとカメラが左側に綺麗に配置されています。持ち運ぶ時も邪魔になりませんね。フロントパネルはレゴタイプのものを選択しました。

後ろからみるとこんな感じです。ラズパイの端子(ディスプレイや電源)も下側からアクセスできるので使い勝手も良いです。

電源を入れると無事に起動しました。カメラもちゃんと認識してました。
タッチパネルで操作できるのでかなり便利です。

フォトフレームのような外観でとても気に入りました。

持ち運びも便利なので、いろんなところに持っていこうと思います。

Follow me!

“ラズパイケース「SmartiPi Touch 2」を購入” への2件の返信

  1. よくできてますね。
    これって、OSの依存性などはどうなっているのでしょうか。
    Raspbianはうごいたそうですけど、KaliやLineageOSなどは動かないのでしょうか。
    わかる範囲でいいので教えてください。

  2. すいません。
    KaliやLineageOSはインストールしたことがないです。

    調べてみると、ラズパイにインストールされている方はいるようです。
    このケースがラズパイ4用なのですが、Raspberry Pi公式LCDタッチディスプレイがそのままKaliやLineageOSで使用できるかが不明です。
    あまり、お力になれずに申し訳ありません。

    ・Kali Linux
    https://www.fabshop.jp/kali-linux-install/

    ・LineageOS
    https://denor.jp/raspberry-pi-4%E3%81%A7lineageos-16-0-android-9-pie%E3%82%92%E8%B5%B7%E5%8B%95%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA