ラズパイ OSのインストールから初期設定まで

そういえば、インストールから初期設定までの手順を書き忘れていることに気づいたので、メモを読み返しながらここに残しておきます。

ラズパイOSのインストール

セットアップを始める前に準備するものとして、HDMIケーブルと電源、キーボードとマウスが必要です。※LANケーブルは無線LANがあれば不要です。あとSDカードも忘れずに購入しましょう。速度面を考慮するならclass10を選んだ方がいいです。あと、相性もあるのでラズパイで実績があるメーカのものを選ぶと安心です。

ラズパイセットアップに必要なもの(HDMIと電源、キーボードとマウス)
SDカードも忘れずに準備してください。(本体とは別です)

HDMIはラズパイの本体に合わせて形状が異なるので注意してください。ラズパイZeroだと「Mini-HDMI」、ラズパイ4だと「Micro-HDMI」です。電源ケーブルも、ラズパイ3までは「USB Micro-B」ですが、ラズパイ4から「USB Type-C」に変更になっています。

左から、「Micro HDMI」、「Mini-HDMI」、通常のHDMIコネクタです。
電源コネクタの形状:「USB Micro-B(microUSB)」と「USB Type-C(USB-C)」

参考までに、以下が最近ラズパイZeroの立ち上げ時に揃えたものです。HDMIがMini-HDMIだったのと、USBポートが1つしかなかったので、Micro-Bコネクタに接続するUSBハブを追加で準備しました。Zeroは小型化を重視しているので、コネクタ形状も他のシリーズと異なっていて当然ですね。(それにしてもコンパクトで小さいです)

ラズパイZeroセットアップに必要なもの(microHDMIと電源、Micro-Bコネクタに接続するUSBハブ)

あと、SDカードにOS(イメージファイル)を書き込むために「Win32DiskImager」と、SDカードをフォーマットするために「SD Formatter」をPCにインストールしておきましょう。Windows標準のフォーマット機能ではうまくいかないようなので、SD Formatterを使った方が良いと思います。

SDカードをフォーマットするためのソフトをダウンロード
ダウンロードサイト:https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter/
SDカードにOS(イメージファイル)を書き込むためのソフトをダウンロード
ダウンロードサイト:
https://sourceforge.net/projects/win32diskimager/

以上の準備が整ったら、さっそくインストールを始めましょう。

まず最初に、OSをダウンロードします。どのOSをインストールするか悩んだ場合は、ラズパイ全てのモデルに対応した公式OSの「Raspbian(ラズビアン)」を入れておけば間違いないです。用途に応じて、最適なもの選んでください。

以下は、各OSと用途を調べたメモです。

Raspbian:電子工作や小規模な開発をしたい方向け
Windows 10 IOT Core:Windows環境で作業を行いたい方向け
Ubuntu MATE:Raspberry Piをパソコンとして使用したい方向け
Coder for Raspberry Pi:プログラミング学習向け
OSMC:メディアを楽しみたい方向け

今回は、「Raspbian(ラズビアン)」のインストールを説明します。

OSのダウンロード

RaspberyPi用のOS、Raspbianには GUI(通常版)とCUI(Lite版)の2種類あります。

  • GUI(デスクトップ環境あり):SDカードの容量は8GB以上
  • CUI(デスクトップ環境なし):SDカードの容量は2GB以上

GUI環境も含めてインストールした方がいろんな使い方ができると思います。本体の性能とやりたいことを考慮して、GUIとCUIのどちらにするかを選択してください。GUI版を入れて、後で起動をCUIにすることも可能です。最小の容量で実現したい場合は、GUIを入れずに、CUI版のみをインストールすることもできます。ここでは、どちらにも対応できるように、GUI版のインストールとCUI版のみのインストール手順を紹介します。

Raspbian (GUI版)は、以下のサイトからダウンロードできます。最近は、NOOBSまで入ったSDカードがセットになっているものもあり、SDカードをそのまま挿してインストールから行うことも可能です。自分は、最新版をダウンロードして使う方が何かとトラブルも少ないので、サイトから最新版をダウンロードしてからインストールしています。ダウンロードして解凍するだけなのでそんなに手間もかかりません。

ダウンロードサイト:https://www.raspberrypi.org/downloads/

SDカードのフォーマット

OSのインストールを行うためにSDカードをフォーマットします。ここでは、事前に準備した「SD Formatter」を使ってフォーマットします。

「SD Formatter」を起動すると、以下の画面が表示されます。SDカードドライブを選択して、フォーマットボタンを押します。※カードの選択を間違えると悲惨なことになるので注意してください。

圧縮ファイルの展開とコピー

ダウンロードしたファイルを展開して、microSDカードにコピーします。

以上でGUI版のインストール準備は完了です。

ここからは、CUI版のみをインストールする場合の手順です。※GUI版をインストールされる場合は読み飛ばしてください。

OSのダウンロード(CUI版)

CUI版の場合は、以下のサイトからOSイメージファイルをダウンロードします。
各フォルダ内の*.zipファイルをダウンロードして解凍すると*.imgファイルができます。

ダウンロードサイト:http://ftp.jaist.ac.jp/pub/raspberrypi/raspbian_lite/images/

特別な理由がないか限り最新版を選択
SDカードに書き込むイメージファイル

イメージファイルの書き込み(CUI版)

CUI版もGUI版同様にSDカードをフォーマットします。フォーマットしたSDカードに、「Win32DiskImager」を使ってイメージファイルを書き込みます。

「Win32DiskImager」を起動すると、以下の画面が表示されます。ダウンロードしたイメージファイルを選択して、Writeボタンを押します。

「Win32DiskImager」を起動して、ダウンロードしたイメージファイルを選択して、Writeボタンを押します。

インストール準備が終わったら、書き込んだSDカードをラズパイ本体に挿します。SDカードの向きに注意してください。(くれぐれも力ずくで入れないように)

必要な周辺機器を接続して、本体の電源を投入ます。暫く待つと、RaspberryPiの起動画面が表示されます。CUIの場合はそのまま起動が始まり、しばらくするとloginプロンプトが表示されます。

RaspberryPiの起動画面

NOOBSの画面が表示されるので、ここで無線LAN「Wifi networks」を設定して、インストールするOSを選択します。「Raspbian」にチェックを入れて、「Install」ボタンを押せば、インストールが開始されます。進捗バーが進んでいくので完了するまでしばらく待ちます。

インストールが完了して、無事「login」まで表示されれば成功です。GUI版の場合は、ディスクトップ環境が立ち上がって、ログイン画面が表示されます。

ログイン画面(GUI版)
ログイン画面(CUI版)

ラズパイの初期設定

以下の初期ユーザー名とパスワードを入力し、ログインします。

初期ユーザー名:pi
初期パスワード:raspberry

CUI版の場合は、ログイン後にネットワーク設定を行っておきましょう。

$ sudo raspi-config
設定画面が表示されるので、以下の順にメニューを選択します。
2 Network Options -> N2 Wi-fi
あとは、JP Japanを選択して、SSIDとパスワードを入力します。

最初に設定する項目は以下です。

  • SDカード領域の拡張
  • タイムゾーンの設定
  • キーボードのレイアウトを変更
  • Raspbianのパッケージを最新化
  • RaspberryPiの日本語設定
  • SSHの有効化

では、さっそく設定します。

SDカード領域の拡張

「raspi-config」コマンドを実行します。

 $ sudo raspi-config

以下のような画面が表示されます。
操作は、矢印キーとtabで移動し、Enterで選択します。

raspi-configの設定画面

SDカードの領域をフルに使えるように拡張します。

デフォルトでは、SDカードの領域をフルには使えない状態になっているので、使えるように設定します。

「Advanced Options」を選択します。

「Advanced Options」を選択

「Expand Filesystem …」を選択して、「OK」を選択します。

「Expand Filesystem …」を選択して、「OK」を押す

タイムゾーンの設定

「Localisation Options」を選択します。

「Localisation Options」を押す

「Change Timezone」を押して、「Asia」⇒「Tokyo」を選択します。

「Change Timezone」を押して、「Asia」⇒「Tokyo」を選択

キーボードのレイアウトを変更

初期状態ではキーボードが英語キーボードに設定されているので、キーマップがずれています。エディタを使うときなどこまるので、日本語キーボードに変更します。

4 Localisation Options Setup…を選択して[Enter]を押します。

4 Localisation Options Setup…を選択

I3 Change Keyboard Layout…..を選択して[Enter]を押します。

I3 Change Keyboard Layout…..を選択

Generic 105-key(Intl) PC…..を選択して[Enter]を押します。

Generic 105-key(Intl) PC…..を選択

Otherを選択して[Enter]を押します。

Otherを選択

Japaneseを選択して[Enter]を押します。

Japaneseを選択

Japanese – Japanese(OADG 109A)を選択して[Enter]を押します。

Japanese – Japanese(OADG 109A)を選択

The default for the keyboard layoutを選択して[Enter]を押します。

The default for the keyboard layoutを選択

No compose keyを選択して[Enter]を押します。

No compose keyを選択

以上で、キーマップが日本語キーボードになります。

Raspbianのパッケージを最新化

Raspbianパッケージをアップデートします。

$ sudo apt-get update    OSのアップデート情報を更新
$ sudo apt-get upgrade   アップデート情報に従ってOSをアップデート

本体ファームウェアのアップデートをします。

$ sudo apt-get install -y rpi-update
$ sudo rpi-update

設定を反映するために再起動します。

$ sudo reboot

RaspberryPiの日本語化

Raspbianには、日本語入力ソフトウェアが入っていないので、「mozc」をインストールします。

$ sudo apt-get install ibus-mozc

SSHの有効化

raspi-configにてSSHを有効にします。

$ sudo raspi-config

「5 Interfacing Options」を選択後、「P2 SSH」を選択して「enabled」に設定

「5 Interfacing Options」を選択後、「P2 SSH」を選択して「enabled」に設定

以上の設定で、ラズパイに他のPCからログインしたり、ファイルを転送することが可能になります。PCから接続したり、ファイルを転送したりするので、「Teraterm」と「WinSCP」あたりはインストールしておくと役立ちます。

TeratermでSSH接続

ホストにRaspberryPiのIPアドレスを入力
TCPポートが22(デフォルト値)
サービスはSSH
以上の設定で、[OK]を押して、ユーザー名とパスワードを入れると接続できます。

Teratermを使ったSSH接続手順

WinSCPでファイル転送

転送プロトコルがSFTP
ホスト名にRaspberryPiのIPアドレスを入力
ポート番号が22(デフォルト値)
ユーザー名とパスワードを入れてログインボタンを押します。

WinSCPを使ったファイル転送手順

メモを見ながら記載したのですが、こまめにメモしとかないと忘れちゃいますね。思い出したらその都度記載しておきます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA