Sambaを使ってファイルサーバ構築

ラズパイに外付けHDDを接続してネットワーク経由でアクセスできるようにファイルサーバー化します。

環境

・ラズパイ:Raspberry Pi3 B
・外付けHDD(USB給電タイプ)

とりあえず、Sambaをインストールして、自宅内のPCからディスクにR/Wできるようにする。

作業手順

1.外付けHDDをマウント

2.Sambaのインストール

1.外付けHDDをマウント

まずは、外付けHDD(フォーマット済)をラズパイのUSBに接続します。

手順1.「fdisk-l」コマンドで接続したHDDがOSから認識していることを確認します。

$ sudo fdisk -l
・・・
Device Boot Start End Sectors Size Id Type
/dev/sda1 2048 1953523119 1953521072 931.5G 7 HPFS/NTFS/exFAT

手順2. 「blkid」コマンドで認識したHDDのUUIDを取得します。

$ sudo blkid /dev/sda1
/dev/sda1: UUID="XXXXXXXX…XXXXXXXX" TYPE="XXXX"

手順3. 確認したUUIDをfstabに書き込みます。

$ sudo vi /etc/fstab
UUID="XXXXXXXXXXX" /mnt/hdd ntfs-3g defaults,nofail 0 0

以上で準備OKです。
再起動すると、接続したHDDが起動時に「/home/hdd」にマウントされるようになります。

2.Sambaのインストール

ラズパイをファイルサーバーにするためにSambaをインストールします。

$sudo apt-get install samba

Sambaにアクセスできるユーザーとパスワードを設定します。

$sudo smbpasswd -a ユーザー名

設定ファイル(smb.conf)に以下の設定を追記します。

$sudo vi /etc/samba/smb.conf

smb.confの中身

セキュリティを考慮して、アクセスにユーザ名とパスワードを入れる設定にした。

[global]
security = user   //アクセスする際にユーザー名とパスワードを自動送信するモード

[RaspberryPi_3B]
comment = RaspberryPi
path= /mnt/hdd/
read only = no    //読み書きするので"no"に設定
force user = AAA //アクセスするときは、全員AAAというユーザになる
valid users = AAA,BBB,CCC //アクセス可能なユーザID
guest ok = no  //ゲストアクセスは不可
browsable = yes  //ネットワークコンピュータに表示するかどうか
unix extensions = no
hosts allow = 127. 192.168.0. 192.168.1.

忘れずにSambaユーザーの登録を行っておきます。
登録するユーザーは既にUNIXシステムに登録しているユーザーでなければいけません。

$smbpasswd -a userxx
New SMB password:
Retype new SMB password:
Added user userxx.

設定を反映するため、サービスを再起動します。

$ sudo systemctl restart smbd
$ sudo systemctl restart nmbd

再起動後のWindowsのエクスプローラに”\\ラスパイのIPアドレス”を入れると、共有したディレクトリに入れるはずです。

■参考URL

https://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/756fstabnum.html

/etc/fstabに記述されている数字の意味


システム起動時にマウントされるデバイスは、/etc/fstabで設定されている。

LABEL=/       /               ext3    defaults        1 1
/dev/devpts   /dev/pts        devpts  gid=5,mode=620  0 0
/dev/shm      /dev/shm        tmpfs   defaults        0 0
/dev/proc     /proc           proc    defaults        0 0
/dev/sys      /sys            sysfs   defaults        0 0
/dev/hda3     swap            swap    defaults        0 0
/dev/fd0      /media/floppy   auto    pamconsole,exec,noauto,
managed 0 0
/dev/hdd      /media/cdrom    auto    pamconsole,exec,noauto,
managed 0 0
/dev/hdc      /media/cdrom1   auto    pamconsole,exec,noauto,
managed 0 0

 第1列はマウントするブロックデバイスやラベルなど、その右の第2列にはマウントポイントが記述されている。第3列にファイルシステムの種類、第4列がマウント時のオプションである。

 第5、第6列には、それぞれ数字が記述されている。第5列の数字は、ファイルシステムをdumpする必要があるか否かの指定。「0」または無記述の場合はdump不要のファイルシステムであると見なされる。

 最後の第6列の数字は、システム起動時にfsckチェックを行うか否かの指定。「0」の場合はチェックを行わない。ルートファイルシステムでチェックを行う場合は「1」を指定する。また、ルートファイルシステム以外でチェックを行う場合は「2」を指定する。

Follow me!

“Sambaを使ってファイルサーバ構築” への1件の返信

  1. smd.confの設定で、
    ↓以下を有効にした場合
    hosts allow = 127. 192.168.0. 192.168.1.

    ネットワークコンピュータで表示される
    「raspberrypi」からアクセスできない。

    「\\ラスパイのIPアドレス」でアクセスすれば問題ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA